全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

慶弔給付事業

給付の申請・支給

①事由発生

結婚や子の小学校入学など

②申請用紙の請求

互助会事務局までご連絡ください。すぐ用紙をお送りします。
こちらからダウンロードもできます。
死亡弔慰金(本人)、見舞金、災害見舞金の申請については、別途保険金請求書が必要となりますので事務局までお問い合わせください。

③申請用紙の提出

必要事項を記入のうえ、添付書類をそろえて提出してください。
※郵便でも結構です。FAX不可。

④審査

申請が適正かどうか審査し、全労済へ送付します。

⑤給付の決定

給付の決定がおりれば、給付決定通知書をお送りします。

⑥ 給付

口座振込 申請者の指定された口座へ振り込みます。
現金支給 事業所に現金をお届けします。
印鑑を持参して互助会窓口でお受け取りください。

給付金の内容
共済事由 給付要件 給付金額 添付書類(写可)

結婚 会員が、民法739条第1項に定める
婚姻届出をしたとき。
30,000円 婚姻受理証明書
又は戸籍謄(抄)本
結婚記念(25年) 婚姻状態が婚姻の届出をした日から25年継続し、夫婦共に生存するとき。 10,000円 戸籍謄(抄)本
出産 会員またはその配偶者が出産したとき。死亡弔慰金が支払われる場合は除く 16,000円 出産届受理証明書・戸籍謄(抄)本・母子手帳・医師の証明書のうち1つ

小学校 会員の子が小学校又は中学校に入学したとき。原則として、実子で会員と同一生計にある子をいう。ただし、養子、継子であっても同居し、かつ同一生計にある場合は含む。 10,000円 在学証明書・入学通知書
就学通知書・健康保険証の
いずれか1つ
中学校 10,000円





71歳未満 会員が疾病により死亡したとき。 100,000円 死亡診断書・死体検案書等死因及び死亡日の確認できるもの(写し可)
71歳以上 50,000円
不慮の事故 会員が不慮の事故等を直接の原因として死亡したとき。 150,000円 死亡診断書・死体検案書又は市役所その他公的機関で発行される死因・死因の記載のある証明書と、不慮の事故等である証明書
 交通事故 会員が交通事故を直接の原因として死亡したとき。 250,000円 死亡診断書・死体検案書又は市役所その他
公的機関で発行される死因・死因の記載の
ある証明書と、交通事故である証明書
配偶者 会員の配偶者が死亡したとき。 100,000円 会員との関係と死亡の確認できる証明書
会員の子が死亡したとき。妊娠7カ月以上経過したのちに死産した場合を含む。 40,000円
会員の親が死亡したとき。 12,000円



不慮の事故
(1級~14級)
不慮の事故等を直接の原因として身体障害を有するに至ったとき。 150,000円
~6,000円
医師の後遺障害診断書
不慮の事故である証明書
交通事故
(1級~14級)
交通事故を直接の原因として障害を有するに至ったとき。 250,000円
~10,000円
医師の後遺障害診断書
交通事故である証明書

休業14日以上30日未満 会員が傷病により引き継ぎ14日以上欠勤(休日・勤務を要しない日及び休暇の日を含む)したとき。 15,000円 医師の診断書又は健康保険等の傷病手当の請求書の写し
休業30日以上60日未満 30,000円
休業60日以上90日未満 35,000円
休業90日以上120日未満 50,000円
休業120日以上 55,000円






損害程度(50%以上) 会員の居住する建物または家財が火災などによって被害を被った場合。 100,000円 関係官庁の罹災証明書
損害程度(30%以上50%未満) 70,000円以内
損害程度(20%以上30%未満) 50,000円以内
損害程度(20%未満) 20,000円以内



床上
浸水除く
損害程度(70%以上) 会員の居住する建物が自然災害によって被害を被った場合。 30,000円 関係官庁の罹災証明書
損害程度(20%以上70%未満) 15,000円
損害程度(20%未満) 3,000円
床上浸水 損害程度に関わらず一律
6,000円
同居親族死亡 住宅災害により同居家族が死亡したとき。 10,000円





10年 会員が引き続き左記の期間互助会に在会したとき。 10,000円 不要
20年 20,000円
30年 30,000円

給付金の返還

虚偽の申請、その他不正行為等により、共済給付金を受けた場合には、返還していただきます。また、場合によっては会員の資格を失うことがあります。


その他
  1. 給付金請求の時効は給付事由発生から1年です。
  2. 夫婦で会員の場合は該当の給付金はそれぞれ受給する資格があります。
  3. 会員死亡のときの給付金の請求順位は、配偶者・子・父母・孫・兄弟姉妹の順です。
  4. 会員死亡のとき、給付金受取人の印鑑が必要となります。
  5. 出産の際は出産された病院名、入学の際は学校名をお知らせください。
  6. 申請から給付まで1~2ヶ月かかります。ご了承ください。